学資保険の代わりに米ドル建て終身保険は使える?

学資保険は子供の養育費にかかる費用の貯蓄を目的として広く利用されていますが、最近、学資保険に代わるものとして終身保険が注目を集めています。注目を集めているのは終身保険の中でも低解約返戻金型と呼ばれるタイプで、大きな特徴として契約中における解約返戻金は減額されるものの満期時おいては高い利率で返金が行われることがあります。

低解約返戻金型終身保険は国内でも様々な商品がありますが、保険会社によっては米ドル建ての商品を用意しているところがあります。内容に関しては各保険会社によって違いがあるものの1例を上げれば、30歳男性で保険金額250,000ドル(3,000万円)保険料払込期間60歳では、月払保険料322.50ドル(38,700円)で返戻金が119.2%となっており、ここでの数字は1ドル120円で換算した数字となります。より小さい保険金額でかけることができる米ドル建て終身保険もあり、選択においては内容をよく確認した上で選ぶことが大切になります。

米ドル建て終身保険の仕組みは、基本的には円建て終身保険と同様な内容であるために学資保険にも活用できます。概ね、円建て終身保険の予定利率が1.0~1.5%程度となっているのに対し、最も高い米ドル建て終身保険では3.2%となっており加入者にとっては有利な商品となります。

米ドル建て終身保険を学資保険の代わりに利用する場合に最も注意する点としては為替リスクがあります。まず、月払いであれば円高になれば保険料は安くなり、反面、円安になれば保険料は高くなります。為替レートは死亡保険金や解約返戻金にも同様に影響することになり、総合的に判断をすることが重要になります。因みに死亡保険金や解約返戻金は米ドル、円どちらでも受け取ることができ、機動的に学資保険に利用する場合には不向きとなるものの、仮に円高であれば米ドルで受取ることも方法の1つになります。
参照サイト

むくみは運動することで解消される

むくみの解消法は運動!

むくみを解消させるためには色々な方法があります。その中には運動も含まれています。運動は嫌だなと思う方もいるかもしれません。むくみはそもそも代謝が落ちることでむくむこともあります。代謝をあげることがむくまない体を作ることが重要です。体内にある余分な水分や老廃物を出すことができなくなっているので、代謝をあげることによって不要なものを排出するようにすることができます。代謝を上げるのにはやはり運動することが一番だといえます。いきなり本格的にジョギングやウォーキングをするというのではなく、簡単なことから始めることができます。家の中で家事をするときに少し大きく動いてみたり、家事をしながらストレッチをすることができます。また移動の際にはエレベーターやエスカレーターを利用するのではなく、階段を使って体を動かすようにすることができます。寝る前にもストレッチをして筋肉を動かす努力をすることによってもむくみが解消されるだけでなく、むくまない体を作ることができるのです。ジョギングやウォーキング、スポーツなどしたあとには運動後のケアも大切です。体を冷やすとまたむくみやすくなってしまいますので、軽くマッサージをすることでむくみにくくすることができます。運動に加えて毎日むくみサプリメントを飲むことによっても、代謝をあげることができます。必要な成分を補ってくれますので、むくみを解消したり、むくみにくい体を作ることができるのです。
【保存版】最新むくみ解消サプリ比較ナビ|話題の情報をご紹介!はこちら

アイフルローンの返済金額と利息について

アイフルローンの返済方法には、約定日制とサイクル制があります。約定日制は、通常のローンの返済方法と同じで、毎月決まった日に支払いをする方式です。例えば、約定日が25日なら、毎月25日に自動引き落としされます。ATMや銀行振り込みで返済する場合には、15日~25日までの間に返済をしなければなりません。サイクル制では、35日サイクルとなっており、毎月返済期日がズレることに注意が必要です。

アイフルの返済金額は、約定日制とサイクル制とで金額が変わります。10万円以内の借り入れの場合、約定日制では4,000円、サイクル制では5,000円が最低返済額となります。50万円を借りた場合なら、約定日制では13,000円、サイクル制では15,000円が最低返済額となります。この金額以上なら、多く返済することも可能です。利息を節約するために、多めに返済をしたり、随時返済をしていきましょう。

アイフルで金利18%で50万円を借りて、サイクル制で返済していった場合、完済まではおよそ5年がかかり、250,686円もの利息がかかってしまいます。約定日制で同じ金額を借りると、利息は251,057円になります。どちらにしても、およそ25万円の利息がかかってしまいますので、負担は大きいです。毎月の返済額を増やしたり、ボーナスをもらったら随時返済をするなどして、返済期間を短縮する努力をしましょう。アイフルの公式サイトでシミュレーションができるので、活用しましょう。

アイフルの借り方審査ガイド│借りる前に確認すべき17の項目はこちら

オリックス銀行のカードローン、審査から利用までにかかる一般的な日数

オリックス銀行のカードローンですが、他の銀行系ローン、消費者金融系ローンなどと同じように、申し込んだ後は与信審査が行われます。これは申込者の信用状況を調査するもので、過去に返済遅延を起こしていないか、現在の他の金融機関からの借入額はどれくらいか、さらには、申込者の職業が自営業ではなく会社員や公務員のような勤め人である場合には、本当に申込書に記載されている勤務先に在籍しているかどうかの確認などが行われます。
オリックス銀行の場合の審査の一般的な日数ですが、確かに最短では1日という場合もありますが、これは例外的なケースと考えておいたほうが無難でしょう。一般的には2, 3日かかるものと思っておいてください。これは月曜から金曜までの平日で2, 3日かかるという意味ですので、間に土日や祝日を挟むと全体の期間としてはさらに延びることになりますし、またその人の状況によっては2, 3日では済まないことももちろん起こります。
そして、審査が終わればすぐに利用できるかというと決してそうではありません。カードローンに利用するカードが送られてくるのですが、郵送ですから追加で1, 2日程度の日数はどうしてもかかってしまいます。ということで、申し込みから利用までには一般的に3日から5日、土日を挟むとその分だけ延びるということになり、結局のところ、1週間程度の日数は見ておいたほうがよいだろうということになります。
決して、申し込んですぐに利用できるわけではありませんから、タイミングには注意しましょう。

消費者金融で保証人不要な業者は?

お金を借りるときに困るのが保証人だという人は少なくありません。もしも自分で探そうとする場合、親族の中に協力者を探すしかありませんが、それであっても嫌がられるのが一般的です。そのためお金に困っている人の多くは保証人を見つけるというのは非常に厳しいものなのです。また引き受けてくれる人がいる場合であっても、そのような状況にある自分を知られたくないと考えている人は多いものです。その様な人にとっては誰にも知られずにお金を借りられるのは大きな魅力です。
お金を借りる先にもいくつかの種類がありますが、消費者金融では比較的お金が借りやすい仕組みのサービスが多くなっています。特にカードローンなどの人気のサービスの中には消費者金融側が指定する保証会社が保証してくれることで、保証人が不要であるという場合もあるのです。消費者金融でもカードローンなどのサービスを提供している場合には保証会社と組んでいる場合が多くなってきており、いざという時に頼りになる金融機関になっています。
この様な仕組みはほとんどの消費者金融で導入されています。そのため特別な消費者金融を探す必要があるわけではありません。しかし金利に関しては差がある場合が少なくありませんので注意しておくほうが良いと言えます。比較的低額なローン契約の場合には保証人不要でサービスを申し込むことが出来るケースが増えますので、その様な条件を満たしたサービスに絞って申し込みを行うのも一つの手段であると言えます。
審査が甘い借りやすい消費者金融!選び方3つのポイントはこちら

任意整理後の残債の一括返済について

任意整理をしたあとは利息をカットしたり圧縮された残債を返済していかなければいけません。もしもその返済の最中に予想外の収入があったらどうするでしょうか。たとえばボーナスが大幅に増えたり親の財産を相続したり、宝くじに当たったなどして大きな収入があったということもあります。その場合は任意整理した後の残債の一括返済をすることができます。今後支払いの必要がなくなるため気分的に楽になるでしょう。
しかし、一括返済には気分的な問題以外にメリットはあまりありません。任意整理後の返済額はすでに利息をカットした後であるため、返済額が少なくなるといったことはないからです。債権者は早く返済が完了するというメリットがありますが、債務者にとっては金額的に得する部分がないためあまりメリットがないのです。また、ブラックリストに載っているため、今後もしも大きな出費があった場合は新しい借り入れができません。そのため、借金は長く少しずつ返済するようにして、臨時収入は万が一のときのためにとっておくほうが無難な方法となります。
それでも、早く借金から逃れたいなどの理由から一括返済をしたいと思ったら、任意整理を担当してくれた弁護士に連絡を取りましょう。債権者と直接交渉して返済することも可能ですが、そうなると話がややこしくなります。担当してくれている弁護士から債権者にその意向を伝えてもらうことによって、スムーズに返済をすることができるでしょう。