任意整理後の残債の一括返済について

任意整理をしたあとは利息をカットしたり圧縮された残債を返済していかなければいけません。もしもその返済の最中に予想外の収入があったらどうするでしょうか。たとえばボーナスが大幅に増えたり親の財産を相続したり、宝くじに当たったなどして大きな収入があったということもあります。その場合は任意整理した後の残債の一括返済をすることができます。今後支払いの必要がなくなるため気分的に楽になるでしょう。
しかし、一括返済には気分的な問題以外にメリットはあまりありません。任意整理後の返済額はすでに利息をカットした後であるため、返済額が少なくなるといったことはないからです。債権者は早く返済が完了するというメリットがありますが、債務者にとっては金額的に得する部分がないためあまりメリットがないのです。また、ブラックリストに載っているため、今後もしも大きな出費があった場合は新しい借り入れができません。そのため、借金は長く少しずつ返済するようにして、臨時収入は万が一のときのためにとっておくほうが無難な方法となります。
それでも、早く借金から逃れたいなどの理由から一括返済をしたいと思ったら、任意整理を担当してくれた弁護士に連絡を取りましょう。債権者と直接交渉して返済することも可能ですが、そうなると話がややこしくなります。担当してくれている弁護士から債権者にその意向を伝えてもらうことによって、スムーズに返済をすることができるでしょう。